BBQ芸人 たけだバーベキューが焼く! › バーベキュー › アウトドア › グルメ › アジアンBBQ › たけだが語る!日本式BBQと米式BBQ、そしてアジアンBBQについて

2016年02月22日

たけだが語る!日本式BBQと米式BBQ、そしてアジアンBBQについて

バーべ


今回は、アジアのバーベキューについて大いに語らせていただきたいと思います。

まずその前に、

世の中には大きく分けて二種類のBBQスタイルがあります。

まず、みなさんが一度は経験したことのある、長方形のグリルを囲んでみんなでわいわい楽しむBBQスタイル。
仮に、日本の伝統的BBQということで「日本式BBQ」としましょう。
みんなで買い出しをして、火おこしをして、肉を焼いては「焦げたー!」「美味いー!」「ビールもうないぞー!」
なんて言いながら、最後は焼きそばを焼いて楽しんだ記憶があるはずです。

もう一つは、ホストが一人いて、みんなにBBQを振る舞うおもてなしスタイル。
言い方を変えれば「米式BBQ」ですね。(アメリカンスタイル)
なんかこう書くと、読み方としては「べいしきべーべーきゅー」と読みたくなりますね。

それはさておき、これはどっちかというとみんなでわいわい焼く、という感じではなく、
そのホストとなる方がでっかい蓋つきのグリルで肉の塊をじっくり焼き、それをみんなにサーブしてあげるという、
アメリカのお父さんを絵に描いたようなスタイルですね。
映画や海外ドラマでそういうシーンを見たことがある方もいるはず。

このスタイルも、日本での大型グリルの普及に伴い、最近は若干ではありますが増えてきています。

僕も先輩や友人に振る舞うときにはこのアメリカンなスタイルを取り入れ、
おもてなしBBQをすることがよくあります。

これはインパクトもあり、体験した人にはかなり喜んでもらえます。

しかし、

このアメリカンスタイルには難点もあります。
それは、機材が大きすぎること。

例えば、僕もよく使うWeberのグリルがあるのですが、
これは庭付きの家の方には最高のグリルです。
蓋つきなので肉塊にゆっくり中まで火を通せますし、なにより見た目がかっこいい。
肉塊をグリルに閉じ込め、その時間を使って、イスに座って仲間とゆっくり語らうこともできます。

ただ、僕のような一人暮らしのワンルーム人間には、その置き場所に少し困ってしまいます。
持ち出すにもかなりの労力とスペースが必要とされるので、ワンルームにお住いの人にはなかなかお勧めできません笑

そこで、やっぱり親しみやすく長続きするのが「日本式BBQ」となってきます。

機材も手軽に手に入るし、使い方も手入れも持ち出しも簡単。
蓋つきの調理はできない分、長時間焼くことがなくテンポよく食事もできる。

何よりみんなでグリルを中心に小さく輪になってわいわい焼いたり食べたり(時には焦がしたり)できるのがいいですよね。
たとえ立食になってしまっても、肉が肉塊ではなく薄い肉だったとしても、
青空の下で顔を突き合わせながら食べるものはおいしいに違いありません。

僕のバーベキューのルーツもこの日本式BBQにあります。
当時お金もないので、買うにお肉は安いお肉でしたが、
外へ出てみんなで火おこしをした火で焼くお肉は毎度最高においしく、鮮明に記憶に残っています。

なので、僕は思いました。
米式BBQも素晴らしいし、大いに普及させたいです。
しかし、その前にまずみなさんが今までやっていたBBQを、
今持っている機材で、今まで使っていた炭で、今までやっていたやり方で、
もっとより良くならないかと。

ちょっとの工夫でそれはできると僕は思いました。

そこで!

わたくしたけだバーベキューは、アメリカではなくアジアに目を向けることにしました。

というのも、10年ほど前に東南アジアをバックパッカーで回ったことがあるのですが、
その時に食べたストリートフードのほとんどが、炭火で調理されていました。
タイもカンボジアもベトナムもです。

ということはです、日本人が炭火を使うのはBBQの時ぐらいですが、
アジアの人たちは日常的に炭火を使っているのです。

しかも、蓋つきのグリルなんてありません。
だいたいがちっぽけな七輪かお手製のBBQグリルです。

でも、出てくる料理はどれも魅力的でどれも美味しく、
炭火の力を存分に引き出した独特の調理だったことは確かです。

というわけで、

アジアには絶対にヒントが隠されている

こう思ったわけでございます。

すみません

長々となりまして!

まぁもともとアジア料理が大好きというのもありますし、大のパクチー党ということもあり、
BBQにアジアンテイストは昔から取り入れていました。

しかし、炭火文化という面ではあまり注目できていなかったので、今年はそこに注目したいと思います。

なので今年はアジア各国を回りながら様々な炭火文化に触れ、
またその様子を皆さんにお伝えしつつ、日本式BBQにも落とし込んでもっと充実した
日本式BBQを楽しんでもらえたらなと思っている次第でございます。

ただ、これだけは言わせてください

決して米式BBQ批判ではございません!

もちろん、そちらもやりつつ、アジアにも目を向けるということで。

まずアジアンBBQ修行の第一弾としてさっそくベトナムに行ってきましたので
ベトナムの炭火文化、食文化を近日中にみなさんにお伝えしたいと思います。



そして今は、アジアンBBQ修行第二弾の地として選んだフィリピンに向かうため、関西空港にいます。
それもまたお伝えしますんで!

こうご期待!!

バーべ


-----------------------------------------------------------------
簡単!洗い物ゼロ!包んで焼くだけ! たけだバーベキュー監修
魔法のアルミホイルレシピ100 -洗いもの、ほぼゼロ! -







ケータイ乗り換え.com
同じカテゴリー(バーベキュー)の記事画像
THE RANPAGEの皆さんたちとキャンプロケ!
関テレ「おかべろ」に出ます!
テレ朝「相葉マナブ」に出ます!
二子玉川の蔦屋家電でイベントします!
朝日放送「おはよう朝日です!」に出ます!
「すごいバーベキューのはじめかた」の撮影のひとこま
東京バーベキューフェスティバル2017
同じカテゴリー(バーベキュー)の記事
 THE RANPAGEの皆さんたちとキャンプロケ! (2017-08-19 19:37)
 関テレ「おかべろ」に出ます! (2017-08-03 12:50)
 テレ朝「相葉マナブ」に出ます! (2017-08-02 20:18)
 二子玉川の蔦屋家電でイベントします! (2017-05-23 20:52)
 朝日放送「おはよう朝日です!」に出ます! (2017-05-15 09:23)
 「すごいバーベキューのはじめかた」の撮影のひとこま (2017-03-20 08:00)

この記事へのコメント
いつも更新楽しみにしています!
これからも応援しています(^O^)
Posted by ナイスバーベ at 2016年02月23日 07:00
ナイスバーべさん
ありがとうございます!ナイスバーべ!
Posted by たけだバーベキューたけだバーベキュー at 2016年03月26日 23:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。